文化のみち二葉館 『 浮世絵きると展 』 。。。まだ先ですがクリスマスのキルトを・・・。。。







テレビの夕方のニュース番組の中で紹介をされていた

『 浮世絵きると展 』 が文化のみち二葉館で開催
画像

雨の中でしたが出かけてきました 

あれ?きょんたんさんって雨のお出掛けは嫌いって言ってませんでした

はい!実は…開催期間が短いし天気予報は怪しげで・・・と言い訳を 

さんざん悩んで折りたたみ傘を持って出かけました

途中で降られましたがシトシト程度だったので出掛けて良かった~ 

まずは初めて訪れた文化のみち二葉館から 

画像

画像

画像

画像


川上貞奴が大正時代に住んでいた和洋折衷の建物を名古屋市が移築復元

内部は・・・

画像

かなりの急カーブな階段
画像

画像

階段の裏側はとても丁寧に作られてます 建築をされる人は気になるのかな
画像

床は綺麗に組まれてます 寄木細工ふう ?
画像

画像



大広間にはステンドグラスが

画像

画像

画像

画像


今回のメイン  2階では 『浮世絵きると展』 が

画像

画像

 クリックすると大きく見られます

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


これってキルト  と一瞬そんな風に 素晴らしい作品ばかり

浅野さんは最初はハワイアンキルトをされていたそうです

浮世絵が好きで作品を作り始め 今ではほかのキルト作品は作って無いそうです

着物の柄などは自分で刺繍を施したり 浮世絵を忠実に再現 お見事 

キルトって本当に色々なものが表現できるのだと改めて思いました


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


がらっと変わって 私の今回のキルト作成はクリスマスです

昨年の11月頃だったかなぁ~

お稽古の時に先生に見せてもらって作りたい~って思ったのですが

時すでに遅し  だったら来年にと言うことになってて

そしてまだまだ時間もた~っぷりある今の時期に

レシピを貰って作り始めてます

まずは刺繍を12枚(クロスステッチ) 1枚は9センチ四方です

糸を同じ方向にクロスさせないと出来た時に格好悪い 

調子よく進んでるって思って見直すと ん 間違えてます

ほどいてやり直し・・・ショボン (´・ω・`) です

でもどうにかこうにか12枚が完成 

画像

画像

画像

画像


後は繋げて~~~パッチワークの作業に入ります 

色々な作品作りの合間 ( 隙間 そんな時間あるのかぁ~? ) に進めます

クリスマスには十分間に合うでしょうから

出来上がったらまたアップしますね  







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 76

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2018年09月21日 08:24
こんにちは。

浮世絵きると展ですか。
文化のみち二葉館ですか。
とてもいい感じのところですね。
もうクリスマスのですか。
早いですね。。。
一年、あっという間ですね。
2018年09月21日 15:03
マダム貞奴は、こんな素敵な家に
住んでいたんですね。
この階段、ロングドレスで優雅に
降りて来たら絵になります。
一般人は、ドレスのすそを踏んで
こけないように気を付けなきゃ!

浮世絵をキルトで表現するなんて
気力&根気の賜物ですね。
2018年09月21日 16:41
作家の方は本当に浮世絵とキルトがお好きなんですね。こんな細かい事、好きじゃなければ出来ません(笑) それにしてもとても素敵(#^^#)
貞奴の家も大正ロマンな感じが良いですねぇ。ステンドグラスの青が好きです。
クロスステッチのクリスマスの靴下、可愛くて出来上がりが楽しみです。
きょんたん
2018年09月21日 17:14
トトパパさん こんばんは
浮世絵きるとは初めて見ました、もうビックリです。
自分で考え新しい作品を作り出す素晴らしいですよね。
クリスマス作品、早めの取り掛かりですので今なら十分に?間に合うでしょうから、既に9月も20日過ぎちゃったんですものね。。。
きょんたん
2018年09月21日 17:17
プチ・ミニさん こんばんは
この階段かなり急なんですよ、着物にしてもドレスにしても慎重に下りないと大変なことに。
浮世絵がまさかキルトになるだなんてイメージ的には考えが及びませんでした‥工夫や技術で作ることが出来るんですね、もうビックリでした。。。
2018年09月21日 17:22
へ~浮世絵をキルトで。
いろんな事を思いつかれるのですね。
素敵ですね。また開催された場所も素敵ですね。
写真撮影可能というのもいいですね。雨の中出かけられた甲斐がありましたね。
浅野さんの作品にも刺繍が施されているそうですが、
最近のきょんたんさんの作品も刺繍とキルトのコラボが多いような。今回も靴下の一つ一つがかわいい~
出来上がりを楽しみにしています。
きょんたん
2018年09月21日 17:23
うずらさん こんばんは
作家の方と少しだけお話をさせてもらったのですが
本当に浮世絵がお好きなんだと‥ハワイアンから浮世絵ですものね、色々と創意工夫をして作られているみたいでしたよ。
自宅にステンドグラスがあるだなんて、あの大正時代に凄いですよね。。。

きょんたん
2018年09月21日 17:30
すずりん♪さん こんばんは
好きな浮世絵をキルトで表現したいの思いが強かったのでしょうね、でもそれを実現できてしまう技量も素晴らしいと思いました。
写真を撮っても?ってお聞きしたら「はい、どうぞどうぞ」と言うことでしたので。
刺繍は手間が掛かりますがその分出来上がったときの達成感も通常のキルトよりちょっとだけ大きいかな(笑
作品にプラスされると時には表情豊かになるかな?。。。

2018年09月21日 18:05
こんにちは

キルトで
浮世絵を描くのは
相当な技術とセンスですね
2018年09月21日 18:14
こんばんは~♪

浮世絵きると展ですか 素敵ですね。
キルトで 浮世絵とは 素晴らしいアイディアですね。
>私の今回のキルト作成はクリスマスです
もう12枚できてるので 早そうですね。
出来上がりが 楽しみでしょう。。。
2018年09月21日 19:53
こんばんは
文化のみち双葉館 天井や床
特にステンドグラスが素敵ですね。
キルトで浮き世が表現できるとは
びっくりしました。
クリスマスのキルト
とてもとても可愛いですね。
きょんたんさん 刺繍も本当に
お上手ですね。
完成を楽しみにしています。
きょんたん
2018年09月22日 03:50
無門さん おはようございます
キルトは布を縫い繋いで作成するので色々な世界を表現できるとは思いますがまさか浮世絵をと
その技術の素晴らしさ忠実に表現されていることにもビックリでした。。。

きょんたん
2018年09月22日 03:56
バンビ2さん おはようございます
好きな事を表現するしかも布を使って‥
制限がある中でもそれを感じさせない技術は素晴らしいです。
今回は早めに取り掛かかり刺繍なので思ったより楽でした、でもやはり集中しないと目数を間違えちゃうんですよね。。。

きょんたん
2018年09月22日 04:03
シナモンさん おはようございます
今回会場となっていた二葉館へ初めて行きましたがとても良い雰囲気の建物で好きになりました
色々な催しもあるようです、機会があればまた出かけたいと‥。
テレビでこのキルトの事を聞いた(見た)時にはビックリでした実際にこの目で観てその素晴らしさにもビックリです、キルトで表現しようと考えそしてそれを作成することができる技量は凄いです。
私のクリスマスキルトは刺繍がメインかな?。。。

2018年09月22日 08:23
文化のみち二葉館、素敵な建物ですね。
こういう登録有形文化財を見るの
好きです~。螺旋の階段や
ステンドグラス素晴らしいです。
浮世絵のキルトはどれも大作で驚きました。
きょんたん
2018年09月23日 03:49
ふーうさん おはようございます
ふーうさんは遺構とかお好きでしたものね
建物はとても綺麗に保存がされていて催しもの等でも使われているようです。
キルトを習ってかなりの年数が経ちますがこうして違った作品を目にするとちょっとした衝撃?と刺激があってまた頑張ろう!と言う気持ちになりますね。。。
2018年09月23日 15:09
こんにちは(*'-'*)ノ*:..。o*

先日は、気ぜわしかったものだから
気持ち玉だけで 失礼しましたけど・・・
やっぱり気になって 又お邪魔しました!

文化のみち二葉館『 浮世絵きると展 』
二葉館の建物の 螺旋階段や天井や床
ステンドグラスなどなど どれも
素晴らしくて✨見とれてしまいました👀

その上に”浮世絵をキルトで”・・・・
もう(+_+)ビックリでした✨✨
名古屋に 妹が居るのに! しかも
キルトも少ししてたし、教えてやれば
良かったのにと❢ 後の祭りです(涙)

きょんたんさんの 
クリスマスバージョンの作品も
頑張ってねぇ~~ファイト!!
2018年09月23日 17:28
お邪魔しています。

『浮世絵きると展』が開催されてるなんて
全然、知りませんでした。

文化のみち二葉館⇔川上貞奴さんが大正時代
に住まれていたお屋敷(#^.^#)

大正レトロの建物は大好きですがステンドグラス
の絵が素敵でウットリしてしまいました。

浮世絵をキルトでと頭で考えただけでも。。。
大変そうなのに度の作品も細やかで繊細な
作りで驚きました。

キルトアートの概念が変わった感じです。(^-^)v

きょんたんさんは、クリスマスへと準備が進んで
おられるのですね。

クロスステッチは、小さな布枠の中に針を差し込ん
で行くので普通の手芸より肩凝りますよね。

でも、着々と進んででてリスマスには素敵な
パッチワーク作品が誕生しているので
しょうね。(*≧∀≦*)
はしる
2018年09月24日 15:29
きょんたんさん!
こんにちは!
”文化のみち二葉館 『 浮世絵きると展 』 。。。まだ先ですがクリスマスのキルトを・・・。。。”


文化の秋!
読書の秋!!
キルトの秋!!!
相変わらず頑張って
いますね。
たくさんのパワーを
いただきました!

体調管理には、くれぐれもお気をつけて、
頑張ってください。
きょんたん
2018年09月24日 16:44
♪のこ♪さん こんにちは
気に留めて頂きコメントありがとうございました。
あら?妹さんが名古屋に、キルトも習ってたことがあったのですね。
私も何年も習ってますが実際にこのキルトを目にしてビックリしました
好きだからと言うことでここまで作り上げてしまえるその技量の大きさは素晴らしいです。
私のキルトは基本の域を出ませんが
今回は少し早めに取り掛かれたことで慌てずに済みそうです、ボチボチと頑張りますね。。。

きょんたん
2018年09月24日 16:55
麗菜さん こんにちは
この建物の中での開催はとてもいい雰囲気でしたよ。
浮世絵を布で表現しそれも細部にまでこだわってとなるとかなりの技術も必要ですから
好きという思いがある事がこうして素晴らしい作品に繋がるんだと感じました。
私は季節を少しだけ先取り?慌てなくても良いようにとね、刺繍だと手元での手仕事なので良いですよ。。。
きょんたん
2018年09月24日 16:58
はしるさん こんにちは
ちょっと涼しくなって来るとついあれやこれやが気になり欲張りの気持ちが頭をもたげます(笑。
こちらは今日も真夏日で蒸し暑かったです、本当に体調管理は手を抜けませんね。。。
2018年09月25日 09:51
キルトであんなに見事な作品が出来るのですね。
ステンドグラスも素敵♪
私も趣味でステンドグラスを習っていますが。
キルトも刺繍もステンドグラスも。
根気と忍耐ですよね。
その分、仕上がった時はとっても嬉しいですよね。

きょんたんさん、のクリスマス向けの刺繍。
可愛くてワクワクしますね。
2018年09月25日 18:53
(*´・ω・)ノこんばんわぁ♪
『浮世絵きると展』へ雨の中行かれたのですね。出不精な私は、例によって、きょんたんさんのブログを見て行ったつもりです。(;^ω^)

キルトでこんな素晴らしい絵が描けるなんて、すごいですね。一体どうやって?と思ってしまいます。

開催された場所が「文化のみち二葉館」、というのがまたいいですね。実際に足を運んでみたいのですが、なかなかね。

クリスマスのキルト、12枚の色々な靴下、どれも可愛らしいです。仕上がりが楽しみですね。♪


2018年09月25日 21:23
大正から昭和初期にかけて和洋折衷の建築物が多くあって、神戸近郊にもそれらが保存されています。
親父が大工でしたが、和洋折衷の注文が一番困ると言っていました。
変に思うかも知れませんが、洋は出来るが、和が出来ない訳です。
大工が出来ない飾り欄間の透かし彫りや手の込んだ柱など。
そんな注文は、特別の業者か工芸士に頼むことになり、遠方の場合はその交通費が上乗せになります。部品取り寄せではなく現場作業が多い訳です。
建築費が最初の見積りと大きく違ってきて、損を被る事もあると言っていました。
洋風の螺旋階段と床の寄せ木細工が見事ですね。

「浮世絵きると展」、
想像もしていませんでしたぁ。
着物の細かい模様は刺繍ですか!
これは好きでないと出来ないと思います。

其々模様が違う12枚の靴下で沢山プレゼントが貰えそうです^^。
この元の図案は、目の位置とか色も指定していて分かり易くなっているんでしょうか?
糸を通す目の位置を数えるだけで大変な作業です。
きょんたん
2018年09月26日 05:12
ミールさん おはようございます
浮世絵をまさかキルトで表現してしまうとは、もうビックリです、実際に観たらその世界に引き込まれてしまいます。
根気と忍耐…キルトをするうえでとても必要な事ですねそれにそれ以前に大切な大好き!と言う気持ちもね。
ワクワク感を持続しながら作ると長く掛かる時間も楽しいに変わりますね。。。

きょんたん
2018年09月26日 05:36
すみっちさん おはようございます
雨のお出掛け好きじゃないのに…
キルトと二葉館に惹かれて行って良かったって、だってどちらもとても魅力的でしたもの。
浮世絵をキルトで表現しようと考えること自体、決心?がいったのかしらと、でも好きの気持ちがあったら技術を生かして工夫が出来るのだと、完成した作品はそれは見事で素晴らしいものでした。
12枚の靴下‥この形だけでも可愛いでしょ~。。。
きょんたん
2018年09月26日 05:44
アルクノさん おはようございます
当時の和洋折衷の建物は大工泣かせ?って事だったのですね。
特に古い建物を見ると何時頃建てたものなのかが良くわかると言うことですね。
階段も床も本当に手が込んでいて贅沢な感じでした。
浮世絵きるとも実際に観ると大変さや細かさに見入ってしまいますよ、これを布で表現しようと思った最初はかなりの挑戦だったのでしょうね。
これだけの靴下、さあどこへぶら下げましょうか
1枚に1個‥それでもかなりの数のプレゼントがもらえますね(笑。。。
ゆの
2018年09月26日 07:43
きょんたん様
おはようございます
素敵な建物ですね
浮世絵とキルトって結びつかなかったのですが、ふんわりと立体感と温かみを帯びて味わいがあり素敵ですね
素晴らしいです

可愛いブーツ
完成はクリスマスのお楽しみですね
きょんたん
2018年09月26日 16:26
ゆのさん こんにちは
そうそう私もキルトで浮世絵は想像できなかったです。
誰も手掛けたことのないものを作るのはきっと試行錯誤もあって大変だったと思います、それにこうして再現するのはそれなりの技術も必要ですものね。
私はクリスマスに間に合わせようと早々と取り掛かってます、浮世絵を観たら何だか和の物も作りたくなっちゃいました。。。

2018年09月26日 17:39
文化のみち二葉館、名古屋に
行く事があれば、ぜひ寄ってみたいと
思ってる所なんです。貞奴さんが
暮していたというモダンな作りの邸宅、
螺旋階段の造りが素敵ですね。
浮世絵をテーマにした精緻なキルト
作品にもびっくりしました。
2018年09月27日 00:44
 細やかな手仕事、どちらも すご~い!

 建物も素敵!
きょんたん
2018年09月27日 03:30
yasuhikoさん おはようございます
此処へは初めて行きました、目的はきると展だったのですが建物もとても気に入りました
2階での展覧でしたが浮世絵にもピッタリ畳敷きの和室、次回訪れる時はもう少し建物を見てみようと思います。
キルトで浮世絵までも表現できてしまう
布で?布だからこそ‥工夫と技術での再現には本当にビックリでした。。。
きょんたん
2018年09月27日 03:39
Nyantaさん おはようございます
着物の柄なども無ければ刺繍をして表現
やっぱり工夫と技術なんですよね、何事も無いからダメじゃなくて作ってしまうと言うところは見習わなければと思いました。
建物も周りの景色との違和感は無かったですよ。
中に入ったら大正時代の邸宅ってこんな感じの造りになっているんだ、どんな風に暮らしていたのかなと色々と想像してみました。。。

この記事へのトラックバック