まな板の材質は?。。。デコってみました。。。







我が家のまな板は今までほとんどが木の材質を使ってます

以前1度だけプラスチック材のまな板を使ったことがあるのですが

食材が滑りやすくあまり使い勝手が良くないと感じました

( 滑る?ってひょっとしたら買ったまな板が悪かったのかなぁ~ )

プラスチックは硬くて 柔らかい木の方が包丁が上手くなじんで素材が切りやすい

結局木のまな板に戻りました

今はゴムなんて物もあるのですね

それにプラスチックには何だかカラフルな物もあるようです

木のまな板は長く使っていると使う場所が決まっているので

横から眺めてみるとその部分だけ少しだけ凹んできます

まあここまで使うには年数が掛かっているはずですから

削るなんてこともあるそうですがその時はやはり新しいものに買い替えちゃいます

・・・で、そろそろ我が家のまな板もその買い替え時の様です

やっぱり今回も木のまな板と言うことになりそうです

皆さんのお宅ではどちらを使っているのかしら


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回はこんな2枚の布を使って 

画像

ちょっと面白い柄でしょう~ 

画像

普通にポーチを作ります
 
画像

そしてフェルト2枚を花の形に切ってスパンコールとビーズを付けて縫い留め

ちょっとデコってみました

画像

 17 × (上部19 下部12) 底マチ7


変わってるぅ~   面白いかな


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回の読書は 

画像

 読書19-3 『思い出のとき修理します』


主人公・・仁科明里  

彼女は 『津雲神社通り商店街』 にある 既に閉店している理容店「ヘアーサロン由井」に住む

斜め向かいには時計店 (店主・・飯田秀司) 彼が思い出を修復?

連作短編形式で話は進む

「黒い猫のパパ」「茜色のワンピース」「季節はずれの日傘」「光をなくした時計師」「虹色の忘れ物」

明里と秀司が思い出(過去)を修復していく

修復・・・傷となっている過去を知り 優しさで解きほぐしていく

実は明里も秀司も修復してほしい過去が・・・

過去があるから現在があってそして未来へ繋がっていく・・・

話したくない過去 でも先へ進むためには乗り越えなければとも

時には先へ進めないほどの傷になっていることもあるでしょう

実際、その傷も過去も色々な形があるようです

進んできた先にあった現在(今) 未来へ向かうためには時間は掛かる

苦しい時もあるだろうし簡単では無いだろう

氷が溶けるように少しずつ自らあるいは人の手を借りて修復

タイムマシン・・・そんなものがあったのなら・・・でもやはり自分の力で進まなくては・・・ね

・・・で、明里と秀司の過去は優しく解きほぐされ 

と同時にお互いの距離も縮まり何だか良いムードに・・・

優しさに包まれている・・・そんな感じの内容でした

実際に過去が修復出来たら良いかな・・でも、そうしたら今(現在)の私じゃ無いのかも???

この本は文庫本では4巻まで出ているようです






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 53

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2019年03月08日 18:23
こんばんは~♪

我が家はぷらプレスチックのまな板ですよ。
大昔は気のまな板でしたが。
プラスチックのまな板は 水の切れがいい良いんですね。
なので 衛生的と思って 使っています。。。
2019年03月08日 21:17
こんにちは

水産加工をしていた
我が家のまな板は
はっきりへこんでいました
一日何万匹も
包丁で加工していものね
2019年03月08日 23:27
こんばんは。

うちのまな板はプラスチック?製のものです。
白いのです。
だいぶ年季が入ってますわ。
可愛いポーチですね~。
素敵!
きょんたん
2019年03月09日 05:30
バンビ2さん おはようございます
>プラスチックのまな板は 水の切れが良いんですね。
確かに以前使った時それは思いました
木だと食材を切ってサッと洗った後は拭きますからね。
プラスチックの方が減り方は少ないのでしょうね、慣れもあるのかな。。。
きょんたん
2019年03月09日 05:34
無門さん おはようございます
やはり使う頻度が高いと減りも早い!って言うことなのですね。
我が家は真ん中辺りで刻むことが多いのでどうしてもそこが減るようです、包丁の当たりも悪くなってきます。。。
きょんたん
2019年03月09日 05:38
トトパパさん おはようございます
プラスチックだと漂白できますが木は良く洗って拭いてお日様に当てるかな?。
減り具合は木の材質によっても違うみたいですね。
フエルトでデコってみましたが汚れたら洗えない?ですよね‥。。。
2019年03月10日 06:18
我が家のまな板は、白いプラスチック(ポリエチレン)です。
水切れの問題で、使い続けています。
木のまな板を使っているのは、歯当たりの良さ(優しさ)からではないのでしょうか。
ポリエチレン製は、包丁がまな板に当たる時の感じがシャープなので、それで木のまな板を使い続けている人が多いそうです。
2019年03月11日 00:17
我が家は今は白いプラスチックです。
木のまな板の方が優しそうでいいなとは思うのですが、
食洗器に入れてしまうにはプラスチックが手軽なので。
お花でデコったポーチ可愛いですね。
最近の作品は刺しゅう入りだったり、お花をつけたり、いろいろ工夫されてるのですね。拝見していても楽しいです。
谷瑞枝さんの本は読んだことがありませんが、面白そう!
心が穏やかに優しくなれそうだから、きっと買うと思います。
2019年03月11日 00:18
我が家はプラ製です。
汚れが分かりやすくて、漂白して
ある程度使ったら新しく買い替えてます。
木のまな板、好きですけど乾ききる前に
使うので、なんだか黒ずんでました。
2枚を交互に使えば良かったかな?
なんて思ってます。
2019年03月11日 06:11
おはよう~です。
やっとログインできた(笑)。
色々と思う事があってね、
”柔らかく、・・・”を閉鎖して、こちらを使おうと思ったらログインできなくて、FC2でブログを作りました。
またよろしくお願いします。
こちらウェブリブログもボチボチと書くつもりです…(汗)。
そうそ、我が家もまな板は木ですよ。
きょんたん
2019年03月11日 16:31
keitaroさん こんにちは
一時プラスチック製を使ったのですがどうも刻みにくい?それ以来ずぅ~と木のまな板です。
長年使っていると真ん中辺りが減ってきます、プラスチック製はそんなこと無いのかな?。。。
きょんたん
2019年03月11日 16:39
すずりん♪さん こんにちは
食洗器は木はダメなんですね、別に洗うと考えると面倒だったり
プラスチックは漂白剤で除菌できたりするので良いなぁ~とは思うのですが‥まあ日光消毒で頑張ってます。
そう言えば最近は刺繍を入れることが多いですね、ひと手間プラスで楽しんでます。
まだまだ読んだことのない作家さんは沢山います、作家さんで選ぶと言うことは余りないのですが、気づけばあれ?なんてこともあります。。。
きょんたん
2019年03月11日 16:43
プチ・ミニさん こんにちは
プラスチックと木、それぞれに良いところがありますね。
2枚を使い分ける、そんな使い方も良いのかも。
漂白除菌をしたくても、木は出来ないのでその点だけがちょっと気にはなりますね。。。
きょんたん
2019年03月11日 16:50
nagaさん こんにちは
そっか、やっぱり閉鎖しちゃったんですね。
…で、新しくFC2を始めたのですね、この後行きますね~。
nagaさん家も木なんですね、プラスチックは私にはどうもなじまなくて…。。。
2019年03月11日 17:17
長年木のまな板を使っていたし新しい木のまな板も持っているのですが、今は主にプラスチックのモノを使っています。
毎日漂白するのでいつも真っ白で使えるのが嬉しいところです。木のモノは確かに切りやすいのですが傷から汚れるし、しっかり乾燥させたつもりでも黒ずんでくるし… 木のまな板はパンを切る時しか使わないです。
過去が修復出来たらと思わなくもありませんが、きっと今以上の結果にはならないような気がします(笑)

2019年03月11日 18:05
我が家のまな板は昔木製でしたが、樹脂製に変わって20年程になります。
変質しないので食材が衛生的なのと、強度もあるので凹んだりしないのがいいです。
木製は微生物が入り込むので、定期的に消毒乾燥させるのが面倒でした。
黒ずんだりしてそれが取れず、白い樹脂製に替えました。
最初ツルツルの商品でしたが、滑らない様に加工したものに替えました。
臭いが移りこんだりしないのが利点です。
木製の場合、消毒乾燥させた物と交換使用の為2枚用意したらいいかも知れませんね。
木製の場合、乾燥させてカンナで削ると新品になります。
これが利点です

普通にポーチを作ります
が、ちょっとデコってみました。
成程です!
「デコってみました」の部分をホック取り付け式にして、季節に応じて花柄を変えるといいのでは?と思いました。
きょんたん
2019年03月12日 16:55
うずらさん こんにちは
木のまな板は減るし黒ずんでくるし‥良いとこなし?でも包丁の当たりが柔らかいの使い続けてます。
漂白殺菌を考えた時は木は負け~ですかね。
>きっと今以上の結果にはならないような気がします
あの時ああしていればこうしていればなんて考えなくも無いのですが…。
まあ今の人生が大きく変わらない程度の修復なら、って難しいですよね。。。
きょんたん
2019年03月12日 17:03
アルクノさん こんにちは
プラスチック製にも色々な種類があるのですね。
私が使っていたのは随分と前だったので、どうも使い勝手が良くなかったので結局木の材質に戻しました。
今回は黒ずむ前に減ってきたので、丁度買い替え時かなぁ~。
季節に応じて楽しむのは良いですね、そうすればポーチが汚れたら洗えますものね。。。
2019年03月13日 18:03
今我が家の台所にあるのは、
収納を考えた小さなプラ製の
まな板ですが、懐かしく思い出すのは、
何と言っても木のまな板です。
春らしいデコも加わって、
可愛らしいポーチになりましたね。
ゆの
2019年03月13日 18:50
きょんたん様
こんばんは
私はブラを使っています
本当は木の物が良いのですが、ものぐさな私にはお手入れが大変で
きょんたん様がチョイスされる柄ばいつも私好みです
アレンジ加えると、可愛さ引き立ちます
修復したい過去…多すぎて
きょんたん
2019年03月14日 05:52
yasuhikoさん おはようございます
そうそうまな板の大きさや形も色々と有るようですね、我が家は昔ながらの大きさと厚さでずっしりと…もう少し薄いと良いなぁ~って。
どうしても季節に合った色合いになってしまいますね。。。
きょんたん
2019年03月14日 05:59
ゆのさん おはようございます
お手入れと言うほどには実際感じないのですが日々の流れの中で作業になっているのかな。
ゆのさんと私の好みは同じなのかもしれませんね。
ちょっとしたアクセントで雰囲気を変えられるのはフエルトの利点でもありますね。
過去…変えられると考えると嬉しい事もあるのかな、難しいですね。。。

この記事へのトラックバック