気になります。。。カテドラルウインドウ(大聖堂の窓)でバッグを。。。








先日の新聞で見つけた雑誌広告
画像

老後資金の「やってはいけない」

それを見て老後っていったい何時から? やってはいけない事って・・・

投資、保険、住宅、その考え方は 大間違い!

人生終盤に出ていく想定外のお金 (リフォーム、親の介護、孫の進学……)

老後・・・年金を受け取り始めたら? でもまだ働いている人もいますし

年齢での線引きってできませんよね それぞれが感じるものでしょうから

・・・で、その時(後)の資金を考えると

何事も無く過ごせているのなら大きな出費を考えなくても良いのでしょうが

それでもいざとなればまず頭に浮かぶのが 病気

日々気を付けて暮らしていても突然向こうからやって来る ある意味避けようのない事

そして一体何歳まで生きることが出来るのだろうか

そして自分の事以外の事も ( 親の介護など・・子供の結婚・・孫の事?・・・)

考えれば考えるほどに・・・・一体どこまで考えたらいいのか

どうにかなるさ~と 楽観的には考えられなくなりつつあります

お金は有って困るものではありませんが かといって簡単に増えるものでも無し

ひところ老後は3000万ほどあれば・・・なんて言われてましたが

( これって今も言われていることなのかしら? )

この額もまた暮らしぶりによっても人それぞれなのでしょうね

・・・・書店でちらちらと読んだ結果

現実としては借金を減らす ( 無くす ) 

投資はリスクは必ずあるものなので余剰資産があればの話

何かあったらと保険を掛け過ぎるのも考えもの

結局は手持ちの現金・預金を減らさないと言うことが本当のところみたいです

子育てが終わってホッとしてちょっとは自分たちの為に~

なんて思ってたのも束の間 老後は直ぐそこに

堅実で減らさない暮らし方をしっかり考えないといけないって事なんですよね

そんなこと重々承知なんですがね

こんな記事が載っているのをみるとつい・・・

何か少しでもいい方法はと目を通してみたくなるのです 
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2010年の7月にアップした
画像

七夕用にと作ったのですが 随分とスッキリしたミニミニタペですね 

このカテドラルウインドウのパターンを使ってバッグを作ります

このパターンはピーシングではなく土台になる布を折り紙の様に折りたたみそれを何枚か縫い繋ぎます
画像

  

画像

こ~んな感じに


そして別布を土台となった布の上に置いて四方を花びらのように別布にかがりながら縫い留めます

土台に使った布は  14枚

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

別布は 

画像


同系でまとめたつもりですが上手くいくでしょうか 

何だかガチャガチャとしてしまうかも 

完成までにはまた時間が掛かりそうです 

忘れられた頃のアップになってしまうかな  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    2月 1日(金) ~ 2月28日(金)のウォーキング歩数 

この期間に歩いた日数は   25日 平均  49分  5767歩 






















"気になります。。。カテドラルウインドウ(大聖堂の窓)でバッグを。。。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント