私はわたし・・・らしく

アクセスカウンタ

zoom RSS 吊るし飾りH。。。

<<   作成日時 : 2016/11/20 06:04   >>

ナイス ブログ気持玉 82 / トラックバック 0 / コメント 22







画像


鉢植えのシャコバサボテンに今年も小さなつぼみが付きました

2鉢あったのですが・・・1鉢は根が回って詰まってしまい

木化した茎に水揚げが上手くいかなかった様でダメにしてしまいました 

残るこの1鉢ももう何年経つのかすら忘れてしまいました 

・・・・ブログを辿ってみたら 2008年11月が3年目とありました

・・・・と言う事は、今年で11年目  のシャコバサボテンちゃんです


今年も元気にこのまま花が咲いて楽しませてくれたなら嬉しいです 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回の吊るし飾りは 

今回使った布は  

画像


迷うことなく桃と言う事でピンク色にしました

でも本来の果実はそれほどの色では無いですよね

 ・・・・で、出来上がりは 

画像

 実の高さは7a  


今まで作った中で一番小さいかも でも可愛い〜 

この桃からは桃太郎は生まれません・・・親指太郎くらいなら  

今回は悩まずにすんなりと仕上げる事が出来ました 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回の読書は 

画像

 読書16-17 『 白蓮れんれん  』


NHKの朝ドラ 「花子とアン」 で仲間由紀恵さんが白蓮を演じてましたね

私は朝ドラは見ないのですがその事は知ってました ドラマの中でもその存在感も大きかったとか

その事を知っていたので読んでいてもつい仲間さんの顔がチラチラと浮かびました

宮崎龍介と柳原Y子(白蓮)の不倫・・当時は姦通罪もあり今どきの不倫とは全く違う扱い

それにY子は大正天皇の従妹に当たり身分も全く違う世界のふたり

その二人が恋に落ち逢瀬を重ね700通もの恋文をやり取り

その恋文と数多くの文献を基に林真理子さんがこの本を書かれたとのこと

不倫だからきっと自由奔放に生きた女性だったのだろうと思いながら読み始めました

・・・が決してそんな事は無かったのですね、自分の気持ちに正直に生きた (この表現が良いのかどうかは?)

最初の結婚に失敗し二度目の結婚は年の離れた炭鉱王(伊藤)と

嫁ぐ時には伊藤が女学校を経営している為女子教育が出来るからと説得され

しかし実際には思い描いていたものとは全く違った結婚生活

そして三度目の正直?7歳年下の龍介と世間を巻き込んで不倫の後の結婚となった

関東大震災が起こった事によってY子の華族の称号を剥奪され世間の口のぼることも無くなり

その後は80歳を過ぎて亡くなるまで最後は最愛の夫が下の世話をすることとなる

そんな生活をきっとY子はとても幸せな気持ちで過ごしていたことだと・・・二人の子も生して・・・

この時代に自分の思うとおりに生きられた人がどのくらいいたのでしょう

二人が添い遂げるにはかなりの道のりと苦難が・・・それでも最後には幸せと思える形で終えられたのは彼女だったからこそなのかもしれません



















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 82
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
吊るし飾り、布の時より出来上がりの方が、本物の桃の色みたいだと思いました。小さいところもかわいくていいですね。
それにしても次々作品が出来上がりますね。読書もしてウォーキングも続いていてすごいですねぇ。
先日紹介くださった「転生」読み始めたところですが、
つかみはOKです。
次々と言えば、林真理子さんも次々書かれますね。今新聞にも連載されています。
シャコバサボテンちゃん11年とは長いですね。確かに家のも茎が木のようになってダメになりました。

すずりん♪
2016/11/20 16:07
すずりん♪さん こんばんは
最近はパッチワーク物は作って無くてこうした小物?立体物ばかり時間は余り掛かりません
そろそろパッチワークの課題が出る頃だと思います(笑。
「転生」読み始めたのですね私の感想が先入観の様になってしまわないかと気になってます
>つかみはOK
だとしたら良かったです。
林真理子さんの本を読んだのは初めてです色々な物を沢山出されてますからまた読む機会があるかもです。
すずりん♪さん家のシャコバサボテンちゃんも木化したのですね、長年育てているとあの多肉が木のようになってしまうのが何だか不思議〜です
それでも残る1鉢はことしも花が咲いてくれるみたいで嬉しいです。。。


きょんたん
2016/11/21 17:02
いや〜、やっぱり桃には桃色ですね。
最近はピンクとしか言わないけど、桃には
「ちゃん」付けで呼びたいです。

白蓮さん、今の時代でも自分の気持ちに正直に
生きるには相当な意志の強さが必要です。
ましてや、あの時代にこれだけ自分を貫けるとは!

二度目の夫も、夫なりに深く彼女を愛して
いたんでしょうね。
プチ・ミニ
2016/11/21 17:27
「桃」可愛いですね。すごく小さいんですか?
パッチワークや、吊るし飾り、たくさんの作品に囲まれて いいですね。家の中に、手作りのものがあるって、幸せですよね。私も幸せになりたいですが、努力が足りない(-_-;
ケセラセラ子
2016/11/21 17:40
プチ・ミニさん こんばんは
色の範囲って本当に微妙な差で沢山有ります
この桃色もちょっと濃いかなぁ〜って思って作り始めたのですが出来上がったら思いのほか良いじゃんって、自画自賛です。
白蓮さんの様に覚悟を持って貫く恋は凄いです
そしてそれにこたえた龍介、単純に恋と言う言葉で片付けてしまうにはあまりにも時代の流れも凄かった
だからこそこうして語られる形として残るのでしょうね。。。


きょんたん
2016/11/21 17:43
吊るし雛ってたくさんの種類がありますね。
どのくらいの数 作るんですか?
桃は私も作った事ありますが 吊るさないで
ポンと置いてました。
ウォーキング パッチワーク 読書
1日が早いでしょう(^^ゞ
シャコバサボテン 木化してきたら
差し芽でつきますよ。暖かくなったら
一鉢に数本差しておくと延びてくれば
もりもりになります。
ちい
2016/11/21 22:15
やっぱり桃と言ったらこんなピンクですよね。本物の桃よりずっと可愛いです。

白蓮さんって子供の頃から幸せとは言えない人生だったみたいですね。Wikiでざっと読んだだけですが、私だったら生きているのがイヤになるくらい。お金や地位が無くても自分の思い通りに生きられる事に感謝しなくてはいけないですねぇ。
うずら
2016/11/21 23:52
おはようございます。
シャコバサボテン、11年も咲き続けているとは!素晴らしいです♪
ずっと咲いてくれると良いですね。
桃、可愛く出来上がりましたね。私もきょんたんさんと同じ物を作りましたよ。

「白蓮れん」、ドラマの真っ最中に私も読みました。
波乱万丈というか、彼女の生き方に驚きを感じましたが、ある意味、良い人生だったのかもしれませんね。
ハーモニー
2016/11/22 10:29
可愛い桃ですね。この配色がぴったりです。
吊るし飾りもずいぶんと増えたんじゃないですか?
きょんたんさんみたいなベテランさんになると小物系はささっとできちゃうんでしょうね(*^-^*)
シャコバサボテンにはちょっと思い出があります。20数年ぶりに私も買ってこようかな〜。
花の咲くのが待ち遠しいですね。
アモママ
2016/11/22 23:40
こんばんは♪
サボテン綺麗に咲きますよ!
子供の頃サボテンを摺り下ろして
食べさせられました、風邪の予防
といって^^

可愛い吊るし飾りができましたね。
“桃娘のピーチャン”ですかね。

ぷりめいら
2016/11/22 23:56
ケセラセラ子さん こんにちは
この桃は先回の柿に比べて小さくて可愛らしいです
ぽってりした感じじゃないので横から写すにはちょっと?かな。
ちょっとしたコーナの様に手作り品や雑貨を飾って楽しんでます、気分転換や季節ごとに替えたり
少しは家の中が殺風景じゃなくなるのかなぁ〜なんてね。。。

きょんたん
2016/11/23 15:07
ちいさん こんにちは
今回の吊るし飾りは1年で12種類?かな全部揃ったら吊るして飾るように仕立てる様です、上手くできるのかしら。
>差し芽でつきますよ
そうですね、多肉植物って逞しいですものね
他の多肉系もそんな風に増えてます、このシャコバサボテンも次の新しい代に代えた方がいいのかもですね。
1日が早すぎます1週間もひと月も…もう11月も1週間でお終いですものね。。。


きょんたん
2016/11/23 15:14
うずらさん こんにちは
そうそう本物の桃ってこんなに濃い色じゃないですものねだから作る時はかなり迷いました、でも出来上がってみればこれならだれが見ても桃って分かってくれる!って。
この時代の人‥特にこのような家柄・境遇に生まれた人は自分の意志なんてあって無いに等しいと‥。
そう思うと今の時代に生まれて良かったと感謝しなければ…でもどうしても無い物ねだりをしてしまう事も…。。。



きょんたん
2016/11/23 15:29
ハーモニーさん こんにちは
そうなんです11年も!このまま咲き続けてくれると記録更新できそうです。
ハーモニーさんも桃を作られてたのですね、そろそろあと少しでお終いですからどんな風に吊るしたら〜って考えてます。
白蓮さん、この時代にこんな生き方を選んで貫くことが出来たのは凄いですよね、そして最後を看取った龍介さんもある意味凄いと…。。。


きょんたん
2016/11/23 15:34
アモママさん こんにちは
>シャコバサボテンにはちょっと思い出があります
何かしら?その頃を思い出して一鉢‥
園芸店にはもう並んでいるのでしょうね。
小物も難しくて悩むこともありますがパッチワークの様にピーシングが終わらないと次へ進めないって言う事が無いのでその分は楽かな、でもそろそろ普通のパッチワークもしなくちゃね。。。


きょんたん
2016/11/23 15:39
ぷりめいらさん こんにちは
>“桃娘のピーチャン”
あっ!その名前可愛い〜
ひょっとしてぷりめいらさんのブログに出て来る方たちの楽しい名前は…そっか
きっと本人にあったらこの人の名前は…って当てらるかもですね。
シャコバサボテン随分つぼみが大きく成ってきてますよ。。。


きょんたん
2016/11/23 15:44
きょんたんさん
こんばんは。
シャコバサボテンに小さなつぼみがたくさん付いていますね。咲きそろうのが楽しみですね。
もうひと鉢は、残念ながらなくなったのですか。鉢物はお手入れが難しそうですね。
桃のつるし飾りは可愛いですね。優しい色合いですね。
写真では大きさがわかりませんが、小さいのですか。

『白蓮れんれん』は、興味があります。
NHKの朝ドラを見ていましたから。
事実は小説より奇なりといいますが、白蓮さんの生き方はまるで小説のようですね。
たった一度だけの人生だから、自分の思いのままに生きられた人は、幸せだと思います。

ringo
2016/11/23 22:17
ringoさん こんばんは
シャコバサボテンのつぼみも大きく成ってきてます咲くのはまだ先でしょうけれど楽しみです
今までは2鉢あって賑やかに咲いてたのでちょっと寂しいです、でも差し芽で増えるそうなので増やしてみても良いかなぁ〜って思ってます。
>たった一度だけの人生だから、自分の思いのままに…
白蓮さんの生きた時代は思いを叶えることが出来た人がどれくらいいたのでしょうね
そう考えると今の時代は違った意味合いで生きにくいとは言われますが少しは叶えられそうですものね。。。


きょんたん
2016/11/24 17:15
11年も生きているシャコバサボテンちゃんですか。
来年か再来年、
中学生になりそうなのに、
ちっちゃいままで可愛いです^^。
それで、7センチのちっちゃくて可愛い桃なんですね。
可愛い桃がぱっくり割れて、
親指太郎が出てきました。
なんて、想像してしまいます

下に続く読書感想文は、小説の内容を的確に表現していて、フムフムとなりました。
人の人生や心は周りが縛るものではないし、自由に生きてこそ人として輝くのではないかと、思わせてくれました。
読書の秋ですね。
私は食欲とアルコールの秋で、
困ったさんです
アルクノ
2016/11/26 08:27
シャコバサボテン、11年ですか・・・凄いですね。
もっと長生きしていつまでも花が咲くように、大事に育てて下さい。

そして「桃」の吊るし飾り、凄く色合いが綺麗で可愛いですね。
keitaro
2016/11/27 04:19
アルクノさん こんばんは
我が家のシャコバサボテンはもう中学生?そっか年数を数えると‥考えてもみませんでした。
余りの小さな桃につい親指姫をもじって親指太郎と書いてしまいました…可愛いだろうなぁ〜ってね。
>人の人生や心は周りが縛るものではないし…
本当にそう思います‥しかし時として自分で縛ってしまったり出口の見えない何処かへ入り込みそうになったり…長い人生色々とありますよね、ちゃんと見極める目を持ってまだまだ進まなければ。。。


きょんたん
2016/11/27 16:40
keitaroさん こんばんは
ブログを辿ったら…11年驚きです
育て方次第でこの年数も伸びるのかも〜つぼみの数は少ないですが順調に育ってます。
吊るし飾りも9種類になりました、来年の春には全体が飾れるように仕上げる予定です。。。

きょんたん
2016/11/27 16:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
吊るし飾りH。。。 私はわたし・・・らしく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる